おまとめローンのメリットとデメリットについて

複数のローンを一つにまとめることで、総返済額を減らすことも可能です。おまとめローンのメリットとデメリットについて紹介しています。

おまとめローンをすることのメリット

おまとめローンを利用することによって借金の返済をスムーズに行うことができます。

特に複数の金融機関からお金の借り入れをしているような場合においては借金をまとめるメリットは高くなっています。

おまとめローンを利用することができる金融機関は銀行や消費者金融などが一般的となっています。

特に金利の低さを軸に考えるのであれば銀行がおすすめで消費者金融と比較した場合に金利は相対的に低く設定されているのが普通です。


借金を一つにまとめることによって借金の管理がしやすくなるのはメリットとも言えます。

これまで複数の金融機関からお金を借りてそれぞれの金融機関にきちんとお金を返していたのであれば、借金をまとめることによって返済における負担はかなり軽減されることになると思います。


また、借金整理の選択肢として候補に挙がることも多い方法にもなります。

債務整理をするのと違ってあくまでも自力で借金返済を進めていくことになるのでブラックリストに名前が入ってしまうようなこともありません。

きちんと計画性を持って返済を進めていかないとおまとめローンであっても借金には相違ないのできちんと管理をすることが重要なポイントになります。

今はインターネットを使って簡単に情報の収集ができるようになっているので金融機関の情報を調べることができます。

安心しておまとめローンを提供している金融機関を選ぶことができるのも魅力の一つになります。

 

おまとめローンをすることのデメリット


おまとめローンは名前の通り複数の金融機関から借りている借金を一つにするためのローンとなっています。

これによって多重債務の状態を解決することができるので借金に悩んでいたとしても問題が解決する期待があります。

おまとめローンは借金問題を直接的に解決するのではなくあくまで借金を完済するために現状よりも完済がしやすい状態を作るという性質のものであります。

これをしたからと言って根本的に借金問題が解決するようなことはありません。


ちなみに複数の金融機関からお金を借りている場合はそれぞれの金融機関に毎月決まった金額を返済しないといけないというルールがあります。

複数の金融機関からお金を借りていることを考えると借り入れ先は一つの方が支払う金額は少なくても良いということが分かります。

しかし、言いかえれば借金を一つにまとめたからと言って返済しなければならない金額は変わらないわけです。

毎月の返済額が少なくなるということはそれだけ借金完済までのスピードは遅くなってしまうということにもなります。

金利が低くても借り入れの期間が延びてくると、それだけ長期にわたって金利を支払うことになるわけです。

トータルで考えた場合に支払う金額はおまとめローンでまとめる方が高額になることがあります。

借金を返済する場合は借金返済の終点が大事であるということを認識した上で借金返済を進めていくようにすることが大切になります。

 

おまとめローンの意味について考えてみる

おまとめローンは利用することによって借金を一つにまとめることができるようになっています。

複数の借り入れ先がある場合は非常に便利なローンで借金を一つにまとめることができるので返済がスムーズに進むという特徴があります。

金融機関からお金を借りるということは借金をするということでもあります。

最初は返済することができると思って借りる人が多く、返済している途中で急に出費が必要になったという理由や収入が途絶えてしまうなどの理由から負債を抱えてしまうパターンが多くなっています。

お金を借りている金融機関が一つの間なら借金の管理もどうにか可能です。

少しずつ確実に借金を返済していくことも可能かと思いますが、これが複数の金融機関からお金を借りている状態になってくると多重債務という状態になってしまい借金の返済が難しくなってしまいます。

おまとめローンは銀行や消費者金融が提供しているローンの一つです。

借金の返済を目的としているローンであるため、借金をしていても申し込みをすることはもちろん可能となっており安心してお金を借りることができます。

おまとめローンは借金を一つにするためのローンであり、借金がそれによってなくなるというようなことはありません。

利用については十分に注意する必要があります。

フリーローンをおまとめローンの代わりに利用する方が相対的に金利が低いような場合もあるのでさまざまな選択肢を想定するとよいでしょう。